お見合いについて 知識&マナー その3

いよいよお見合いの場になりました。緊張感が高まり、落ち着いて自然体で臨む事はなかな難しいと思いますが、お見合い相手に誠意を持って対面することを第一に考える事が大切になります。

誠意を持って=失礼のない という事について、幾つかの注意点を取り上げます。

①『遅刻は厳禁』 余裕をもって待合わせ場所に着くよう早めに出る。もしトラブルが起きた時は落ち着いて状況の連絡をする。また遅れた事についてのお詫びも忘れずに。

②『最初の挨拶』 笑顔で明るく挨拶。第一印象はここです。

③『会話について』 会話は流れてゆきますので、決まった形はありませんが、内容について話題にしないほうが良い事柄を書きます。 ・初対面では話しにくい個人的な内容についての質問。過去の恋愛や現在の活動状況などを聞く。 ・自分中心の内容にこだわる。自分が聞きたい事に集中して質問したり、自分の話したい事だけを紹介するなど。 ・相手の容姿について。まだ打ち解けた相手ではありません、セクハラにもつながるような言葉は避けましょう。 ・相手の話を自分の話の2倍聞くつもりで。よく話をされる方はこの位のイメージでちょうどだと思います。相手の事を気遣う態度が伝わると思います。

④『態度について』 会話とつながる部分が多いですが、やる気のない様子や元気がない、また傲慢な態度や落ち着きのない行動は避けたいところです。

⑤『最後の挨拶』 お互いに相手への感謝の気持ちを持って挨拶しましょう。

⑥『支払いはスマートに』 お茶代は男性が支払うのがマナーです、男性はスマートに支払いを済ませましょう。女性はそれに対して「ありがとうございます」と感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。



↓